子供を病気から守るために意識していること

子供を病気から守るために意識していること3つ

子供を病気から守るために意識していること3つ

 

子供が保育園に通うようになると一気に感染症にかかる機会が多くなってきます。

 

今までは自宅でわりと清潔な環境の中で育ってきていたのが保育園というたくさんの子供たちが集まる場所で1日の大半を過ごすようになると、いきなりさまざまなウイルスに晒されるチャンスが増えてしまうので免疫力の低い小さな子供はあっという間に病気にかかってしまうというわけです。

 

我が家の娘が保育園に入園してからは、風邪やインフルエンザ、溶連菌などあらゆる感染症に次々とかかりました。

 

これはある程度はどうしようもないことですが、少しでも病気から守ってあげるために日頃から意識していることが3つあります。それを以下にまとめてみようと思います。

 

手洗いとうがいをしっかり習慣づける

 

保育園から帰宅したら手洗いとうがいは基本中の基本の病気予防法になります。適当に洗っていても爪の中に菌が潜んでいることがあるので爪の中もブラシのようなものでしっかり洗ってあげるようにしましょう。その際には石鹸はなるべく除菌タイプを選ぶと除菌率が高まります。

 

また手を洗う際には手首までではなく、手首から肘までしっかりと洗い、しっかりゆすぐようにします。

 

うがいに関しては、特にうがい薬をせずに、殺菌効果のある塩水でのうがいでも十分に効果があります。

 

これはアメリカに1年ほど住んでいた時に小児科医におすすめされた方法です。

 

バランスの良い栄養を考えた食事メニューを考える

 

好き嫌いがあると、どうしても栄養バランスが悪くなってしまい免疫力の低下が避けられません。

 

免疫力を上げる効果のある、かぼちゃやブロッコリーなどの緑黄色野菜をしっかり食事に取り入れるようにしています。

 

βカロテンが豊富なので体内に吸収されるとビタミンAに変わり、病気に負けないための免疫力アップが期待できます。

 

ウイルスに負けない体づくりのために水泳などの習い事をさせる

 

病気になりにくい体づくりのためには、やはり体力もある程度養っておかなければなりません。

 

体力あってこその健康の維持です。体の弱い子供でもスイミングのレッスンを受けさせると肺機能が高まって、風邪などの呼吸器の感染症にかかりにくくなります。

 

1週間に一度のスイミングだけでも感染症予防だけではなく喘息などのアレルギー体質改善にも役立ちます。

子供を病気から守るために我が家が気にしている3つのこと

では、他の方の意見も参考にしてみたいと思います。

 

子供はすぐに熱をだしたりと病気になりがちです。本人に言っても小さいうちはどうにもならないので、親が気をつけたいもの。そこで我が家が子供を病気から守るために気をつけている事をご紹介します。

 

病気が流行っている時に子供が集まる所へ行かない

 

特に児童館など室内で、遊具を共有する場所です。以前我が家では冬に、なんと空港内にある子供の遊び場でノロを貰ってきた事があります。

 

一家全滅でした。子供が小さいうちは、児童館のおもちゃを舐めたりします。どんな状態の人が触ったり舐めたりしているかわからないおもちゃをです。

 

それに児童館などの室内の遊び場は、ちょっと具合が悪い子、外で遊ぶには体調に問題がある子が来がちです。インフルエンザや溶連菌などが流行っている場合はなるべく行かないようにしています。

 

 

手洗い・うがいの徹底

 

ノロで一家全滅した時の先生が、予防法として手洗いに勝るものは無いとおっしゃっていました。外から帰ってきたらハンドソープをつけての手洗い、そしてうがいを、親も含めて徹底しました。

 

風邪をひかさないための室温管理

 

お風呂上がりになかなか服を着なくてちょっと素っ裸でいたらもう鼻水が…。寝るときは暑がっていたのに明け方の冷え込みで熱が…。子供あるあるだと思います。

 

本人に予防の意識が無いので親ががんばるしかありません。私の子供が風邪を引く一番の原因は、寝入りと明け方の温度差でした。寝入りのときは暑い、でも明け方は肌寒くなることがあります。

 

大人なら無意識に布団を引っ張り掛けていますが、子供はそのまま大の字で寝ています。明け方に冷えるからと思いスリーパーを着せようとしても、寝入りが暑ければ子供は嫌がります。なのでうちは、寝入りだけエアコンを付ける対策をとっています。

 

そして子供が寝たくらい、もしくは自分が寝るようになってOFFにしてしまいます。こうすれば寝入りは涼しいですから、布団やスリーパーで対策していても子供は嫌がらず寝てくれます。対策がしてあるので、明け方に寒くなることもありません。

 

電気代は多少かかってしまいますが、子供が体調不良になるよりは、親の心労を込みでよっぽどいいです。気をつけても気をつけても子供はどっからか病気を貰ってきますが、家庭でできる予防は何とかがんばりたいものです。

 

赤ちゃん系おススメサイト

赤ちゃん、子育て系のサイトで有益だと思ったサイトを紹介しています。

 

出産・子育て系の情報が数多く紹介されている「ハグライフ」。赤ちゃんブランドのMARLAMRLが運営しているサイトとしても知られています。

 

子ども・子育て支援 厚生労働省

厚生労働省のサイト内には様々な役に立つ子育て情報が掲載されています。今回紹介しているページは、子ども・子育て支援のページとなります。

 

ベビータウン

妊娠、出産、育児に関わるお金に関して紹介しているサイトです。どうしてもお金は必要となってくるものですが、実際どのくらい必要なのかは案外知られていないものです。